お知らせ

お知らせ

本日12月14(土)、本校の大体育館にて聖和女子中学校クリスマス会が行われました。少し早いクリスマスを祝うように天気にも恵まれ、多くの方々に足を運んでいただきました。

生徒会長あいさつ、キャンドルサービス、そして聖書朗読を通して聖なる心を改めて再確認し、クリスマス会が幕を開けました。

各学年のステージ発表では、1年生は合唱を披露してくれました。

選曲、伴奏、練習と、すべて自分たちの力で作り上げてきたものでした。曲は「ジングルベル」「あわてんぼうのサンタクロース」「We Wish You a Merry Christmas」の3曲でした。中ではあわてんぼうのサンタクロースが実際に登場し、会場が笑顔につつまれた場面もありました!

3年生は、今まで歌ってきた合唱を披露してくれました。

「時をこえる絆」をはじめ今までの思い出がこもった歌を発表してくれました。また本校の校歌を3部合唱で歌うその姿はとても誇らしく、最上級生としての威厳がうかがえました。

曲中で部活の後輩や、家族の方へのメッセージが朗読され、会場を「感謝」の気持ちで満たしてくれました。

2年生は、クリスマスの誕生を聖劇にして発表してくれました。

現代のゲームを軸に構成された内容は、魅力的でわかりやすく、すべての方々の目をひきつけていました。中堅学年として、しっかり伝統を引き継いでくれました。

そのほかにも、交流会で家族の方々に感謝を伝えるシーンや、授業で行った書写やクリスマスカードを見せたりと、クリスマスを通して家族の絆や聖和ファミリーの絆を見ることができました!

最後に、足を運んでくださいました皆様、ありがとうございました。

Happy merry christmas!!(*^^*)

 

12月8日(日)~12月15日(日)の期間、オーストラリアはコフスハーバーから、青少年交流事業として来佐中の引率パム先生と5名の生徒たち。
日豪協会は、彼女たちとそのホームステイ先であるご家族の皆さまをご招待され、歓迎会を催していただきました。
本校のホストシスターである生徒たちも保護者の方々と一緒に参加し、楽しいひとときを過ごすことができました。オーストラリアの皆さんからも、感謝あふれるお言葉が、スピーチとして日豪協会をはじめ日本のホストファミリーの方々に伝えられました。

令和元年12月8日(日)から同15日(日)まで、オーストラリアのコフスハーバー市青少年交流事業として、
Bishop Druitt College から5名の中学生が佐世保に来てくれています。
その中の3名は聖和女子学院中学生と、そしてのこりの2名は市立清水中学校の生徒さんとの交換留学を、この交流事業のメインとして行われています。
本日(12月11日:水)は、本校の生徒3名(拝崎さん・川尻さん・ジェイコブソンさん)も一緒に佐世保市役所を訪れ、佐世保市長を表敬訪問いたました。
本校の生徒たちも、オーストラリアからの生徒たちも、緊張した面持ちでしたがとても和やかな雰囲気の中でお互いの国に対する思いを、朝長市長に報告いたしました。

保護者の皆さま方から、
「願書を送ってください」というお電話に加えて、
「ホームページからダウンロードできませんか?」とのお声をたびたびいただきましたので、
聖和女子学院中学校の、このホームページ上から、聖和中学の入学願書を入手できるようにいたしました。
「入試情報」資料のダウンロード」「聖和女子学院中学 入学願書」を選択してください。
データ形式は、pdfファイル形式と、パソコンで入力できるエクセルファイル形式をご用意しております。
どうぞ、ご利用ください。(下は、デモ画像です)

11月16日(土)に本校にて小学生英語暗誦大会を開催しました。

参加者全員が堂々と暗誦を披露することができ、とても感動的でした。

今後もさらに、勉強を続け、英語の力をどんどん伸ばしていってほしいと思います。

 

お子様の挑戦を支えてくださった保護者の皆様、暗誦の指導していただいた先生方、本当にありがとうございました。

 

〈大会結果〉

第1位 金子凜花さん (公文式みどり坂教室)

第2位 山本紗愛さん (SES for Kids)

第3位 吉田澪さん  (公文式ぎおん教室)

奨励賞 江島希さん  (SES for Kids)

 

 

 

 

 

 

 

 

11月12日(火)に令和元年度 第38回佐世保市中学校音楽発表会がアルカスSASEBOにて行われました。

本校からは、午前の部に中学3年生全員で出演しました。

 

さだまさしさん作詞、TSUKEMENさん作曲の「時を超える絆」を歌いました。

先日の音楽のつどいで全校合唱したこの曲ですが、音楽のつどいから約3週間、新たに練習を重ね、練習の成果をしっかりと発揮し中学3年生全員で心を一つに演奏することができました。

 

校長先生、副校長先生にもお褒めの言葉をいただき、生徒たちはホッとした様子でした。

中学3年生、次は受験に向けて頑張って行きます。

お忙しい中ご来場いただいた保護者の皆様、本当にありがとうございました。

中学入試(一次)の願書受付していま~す(*^▽^*)

入試日・・・・令和元年 11/30(土)

 

出願期間・・・11/5(火)~11/25(月) ※土日祝日を除く

 

受付時間・・・9:00~17:00

 

出願手続・・・(1)入学願書 (本校所定の様式) 保護者が記入

       (2)調査書  (本校所定の様式) 在籍小学校長作成を依頼(厳封・開封無効)

       (3)受験料  (6,000円)      郵送の場合は郵便為替を利用

       (4)返信用封筒(速達用の切手を貼る)

        ※(1)(2)(3)(4)を添えて本校事務室へ持参、

          または郵送してください。(期日必着)

 

 

出願手続きに必要な様式などは、本校にお問い合わせください(*^^*)

事務室・・・0956-22-7380

教務室・・・0956-23-9643

 

 

 

【小学校の先生へ】

調査書については、本校のHPよりダウンロードすることが可能です。

聖和女子学院中学校のHPを開くと、右上に青いバルーンの「学校案内ダウンロード開始」というボタンがありますので、そこをクリックして、調査書を取得されてください。

直接入力することができます。是非ご利用ください!

10/31(木)、長崎ブリックホールで開催された「第15回 私学振興大会」に参加してきました!

 

保護者も多数参加してくださいました☆

 

参加してくださった皆様、ありがとうございました(*^▽^*)

 

 

公立学校と私立学校の格差の是正を目指して行われるこの大会は、県内の私学の幼稚園、中学校、高等学校の職員と保護者が集まって、県議会に格差解消を陳情する場となっております。

 

講演会では、お笑い芸人の庄司智春さんが「庄司流 家庭円満と子育て論」というテーマで、お話ししていただきました。

 

夫婦円満の秘訣は、細かいことでもとにかく褒める!感謝する!とのことで、約1時間の講演はあっという間に終わりました。

 

 

 

10月31日、ハロウィンの日、図書館で中学二年生の英語の授業がおこなわれ、留学生といっしょにジャック・オ・ランタンを作りました!

 

まずは”witch”, “mummy”, “spider”などの単語を使ったゲームでハロウィン気分を味わいました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしていよいよジャック・オ・ランタン作りに挑戦!

意外と硬いカボチャに驚きつつ、穴をあけ、中身を取り出していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目、鼻、口をくり抜いて、ライトを入れて…

 

完成!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャック・オ・ランタン作りは初めてという生徒も多く、とても盛り上がりました!

 

手伝ってくれた留学生の皆さん、ありがとうございます♪

本日、本校にて中学校オープンスクールが開催しました。

まずはじめに、講堂にて校長と中学生徒会長からの挨拶があり、その後各教室に行き授業見学をしていただきました。

授業見学後、実際に授業を2コマ体験していただきました。体験していただいた科目は音楽、宗教、家庭、英語の4科目です。

1コマ目はそれぞれ決められた科目の教室に行き、楽しい授業を受け、2コマ目は興味のある科目に行き授業を体験しました。

≪音楽≫

≪宗教≫

≪家庭≫

≪英語≫

体験授業後は講堂に戻り全体説明会が行われました。まず、高校コーラス部による歓迎のコーラスが披露されました。パフォーマンスを兼ね備えたコーラスに誰もが目を離せませんでした。

歓迎のコーラスの後、中学2年生生徒会によるコース説明がありました。ジュリアンコース、クレメントコースの生徒へのインタビューがあったので、それぞれの生徒たちの志望理由や学校生活のリアルな声を聞くことができました。

そして、募集要項、入試関係書類の説明があり、最後にお楽しみ抽選会が行われ、本日のプログラムは終了いたしました。

中学校オープンスクールに参加してくださった小学生と保護者のみなさま、本日はどうもありがとうございました。来年の4月に本校でお会いできることを職員生徒一同、楽しみにしております!