SEIWA図書ログ

SEIWA図書ログ

図書館からのお知らせや新着情報などをアップしていきます

1Aの国語の授業で、朝日中高生新聞(11月8日)の特集で紹介されていた「世界に1冊しか『ない本』」の記事を参考にオリジナルの架空の本をつくりました。

 

まずは朝日中高生新聞の記事を読み、本ができるまでの流れを知り、イメージをふくらませます。

そしてワークシートを使い、一人ひとりオリジナルのストーリーを構想していきます。

 

架空のあらすじに、架空のタイトル、架空の作家名を考えます。

ちなみに出版社名は「聖和書房」としました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考えたストーリーに合う表紙を考えます。タブレットを使い、写真を撮ったり、イメージに合う画像を探したりします。

自分で絵を描く生徒もいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

classiに共有された画像とあらすじを、文庫のように印刷し、タイトルと作家名を書き入れて完成!

個性的なフォントのデザインが光ります。

 

できあがった作品は図書館内に展示中です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本をつくる立場になって創造力を働かせることで、本の楽しみがもっと広がりそうです。

1Aの作家/編集者の皆さん、ありがとうございました!

 

 

 

 

TRICK OR READ!!

 

今年も読書が楽しい季節がやってきました!

 

聖和の読書週間では

本を借りて参加するトランプミッションや、借りるごとに1ピースずつ埋めていくパズル企画など各種イベントを開催中です!

 

いつもよりたくさん長く借りられるチャンスということもあり、皆さっそくたくさん借りて、ミッションをバリバリこなしていっています。

 

読書週間は11月13日まで開催し、最後の週には、現在開催中の第二回小柳杯「80字の物語コンテスト」で選ばれた作品のラジオドラマ放送も予定しています。

聖和生によるオリジナルストーリーと演劇部の声の演技に、乞うご期待です!

 

7月から1か月短期留学に来ていたジャスミンさんから、たくさんの英語の本を寄贈してもらいました!
自らベースの人々に呼びかけ、本を集めてくれたそうです。

 

 

Jasmine, who was an exchange student at Seiwa for a month last July, donated many many English books to our library.

She asked many of her friends on base if they had any pre-loved books that could help Japanese students learn to read in English.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寄贈してもらった本は、さっそく英語の授業で使われています。
中学1年生のクラスでは、好きな本を選び、先生や友達に読み聞かせしてコメントをもらって回るアクティビティをおこなっています。

 

We put those books to good use straight away by including a reading class once a week for first year junior high students. Thhose students choose a book they like and practice reading aloud to teachers and friends.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分からない単語があっても、どんどん読み進めていけば、より早く英語に慣れることができます。

簡単なものから読み応えのあるものまで、たくさんの本がそろっています!
物語を楽しみながら英語の勉強に役立ててください♪

 

 

14日はバレンタイン!

図書館もたくさんのハートで飾られ、バレンタイン仕様となっています。

今回も留学生が腕によりをかけてデコレートしてくれました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

You “booked” my heart!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本とデートを楽しもう!

借りてみるまで中身が分からない”Blind Dates with Books”も好評貸出中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一言だけ書かれた中身のヒントを見て借りることができます。

ラッピングのハートのクリップはプレゼントです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、匿名でメッセージを送ることができる「シークレット・バレンタイン」も開催中です!

卒業式も近い時期ともあって、先輩や友達、先生にメッセージを書き込む人も多く見られます。

集まったカードは、14日に図書委員が相手に届ける予定です(そうです、図書委員が届けるのは、本の督促状だけではないのです…)。

 

 

また、第三回小柳杯「超訳」コンテストも実施中です!

“Here’s looking at you.”

あなたなら何と訳しますか?

 

 

特別なドキドキ感を味わえるこの時期、ぜひ聖和図書館のバレンタインを楽しんでください♪

あっという間に過ぎた令和元年。

皆さんも一年の色々な出来事に想いをはせているのではないかと思います。

今年も聖和図書館ではたくさんの人と本との出会いがありました。

 

年の瀬を迎え、図書館の一年を彩ってくれた黒板アートを、季節ごとにご紹介します。

 

 

★梅雨

 

 

★夏休み貸出期間中

 

 

★読書週間&ハロウィン

 

 

 

★クリスマス&冬休み貸出期間中

 

 

 

聖和生の読書シーンを彩ってくれるイラストは、見ているとわくわくしてきて、本を読むのがもっと楽しくなるようです。

図書部員による渾身の黒板アート、来年もご期待ください!

 

 

図書館では来年も皆さんの読書がより楽しくなるよう支援してまいります。

どうぞよろしくお願いします。

 

よいお年をお迎えください!

 

 

もうすぐクリスマス!

留学生と図書部員によってクリスマス仕様になった図書館をご覧ください。

アドベントカレンダーの黒板アートや、クリスマスの豆知識の館内掲示など、アドベントを楽しむ工夫が盛りだくさんです!

 

 

★毎日少しずつ絵の一部が現れるアドベントカレンダー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★留学生が飾りつけを手伝ってくれました。折り紙のガーランドライトも留学生の作品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★カウンターでは図書サンタが迎えてくれます。パソコンの折り紙アートは保育士としてがんばっている卒業生が作ってくれました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんにとって暖かく喜びに満ちたクリスマスになりますように!

10月23日から11月9日まで、4週にわたっておこなわれた秋の読書週間の最終イベント、「BookS」が公演されました!

今回は学院祭で公演された舞台のスピンオフを特別につくってもらいました。

聖和の秋の読書週間に飛び入り参加したファンタスマゴリアの面々。
そんな彼らの読書生活を垣間見る、というストーリーです。

舞台の最後には、読書週間中に実施したチーム対抗「総選挙」の結果発表&表彰をおこないました。
優勝は、獲得票数なんと169票、アリスとルイス・キャロルのハートチームでした!

本を借りて投票してくれた皆さん、ありがとうございました(#^^#)

ほぼ満席で大好評のうちに終幕した今回のBookS。
今後もさまざまな企画を開催しますので、ぜひ楽しみにしていてください!

演劇部の皆さん、ありがとうございました!