心の扉     2016.06.27

 高総体は応援ありがとうございました。高校バレー部の顧問です。
先週は 全九州総体に出場してきました。
惜しくも、鹿児島県代表の鹿児島女子高校にセットカウント1-2で敗れました。
私たちの負けは高総体決勝と同じあと一歩及ばない負けでした。
1点が取れないことで勝てない試合でした。


負けて学ぶものはとても多くあります。
それぞれのチームが、自分たちの負けを、自分たちの未来につなげていきます。
私たちも「あと一歩」この突き詰められている現実をよく理解し、
あと1点を取れるチームに変化、成長します。
決勝戦、楽しい試合をまた応援に来てください。


 さて、今日は景色と風景の話をしたいと思います。
景色は高いところまで登れば登るほど、良くなります。
私はその景色を見ていると、自分の心が表れてきます。
皆さんはいかがですか。

聖和にも窓から見える素晴らしい景色があります。
私は聖和の教室から眺める佐世保港の景色が大好きです。


 昨年は私も1年目。1Aの教室で、今の高校2年生といろいろな思いで、この景色を見つめていました。
2年目の今年も、同じ1Aの教室で佐世保港の景色を眺めて、 物思いをしています。


私たちが生きていく中でも、見えてくる風景があります。
いろんな出来事や経験です。あの時の喜び。あの時の苦しみ。
その場面が心の中に残っていきます。


今、壁にぶつかりながら頑張っている皆さん。
その壁を乗り越えて、一つ上に登れば新しい風景が広がっています。
苦労をしながら、登り続ければ、少しずつ見える眺めも良くなります。
そして、これまでよりも美しい、最高の出来事が待っています。


聖和の校舎から素晴らしい景色を眺めながら、一歩一歩、登り続けましょう。
それは、きっと見ることができる風景です。