11月12日(土)に、本校理科教諭、市瀬先生によるこんにゃく作りを体験しました。

対象生徒は、2年生国公立コース、化学選択者です。

生徒たちは、こんにゃくいもを初めて見て、興奮していました。

そのまま、いもに触ると、かゆくなるので、ゴム手袋を着用します。

行程は以下の通りです。

 

1 いもの皮と芽を取る。(1.8kg)

2 細の目状に切る。

3 ミキサーで細かくする。この時、きれいなピンク色になります。

4 炭酸ナトリウムを水に溶かし、3に入れます。

5 色が一瞬で、いつも見ているグレー色になります。良くかき混ぜます。

6 容器に入れ、目盛りにそってしゃもじで切り込みを入れます。  7 沸騰したお湯に、こんにゃくを入れます。(24個)

 

試食をするために、こんにゃくを3個用意し、味付けは、2Dの生徒に任せました。 お味の方は???とても弾力があり、よく味がしみ込んでとても美味しかったです。

この後は、レポート提出・プレゼンテーションです。とても楽しみです。 協力していただいた市瀬先生、河野先生ありがとうございました。

DSC03074

DSC03075

DSC03086

DSC03089

DSC03092

DSC03096

DSC03098

DSC03103

DSC03107

DSC03110

DSC03111

 

 

DSC03115