今日のつぶやき     2018.05.14

高校から聖和に進学し、たくさん刺激のある毎日を送らせていただいています。
先日英語の先生から、クラス代表で英語弁論にでるという大役を頂きました。
自分のような者がまさか…と思い驚きが止まりません。
英語教育で有名な聖和の英語弁論…レベル高いに決まっとるやないかああああああい!?!?と思い、不安で仕方ないです。(涙)
自分のできる限りは頑張ろうと思いますが、ほんとうに恐怖です。どうしよう…なにか励ましのお言葉をいただけないでしょうか…
———————————————————————————-
 まずは、英語弁論大会の弁士として選ばれたことを喜んでください。出たかったのに選ばれなかったと残念がっている人もいるはずです。
 とは言っても、『本当に自分でいいのか??』と不安になるのも当然ですよね。

 私の娘も、聖和生で初めて選ばれたときに、『うわぁ~~~!!!、どがんしよう~~(>_<)!!』と家で大騒ぎしていたのを思い出します。そういえば、夜遅くまで必死になって練習している状況に、わたしも付き合ってあげたことも思い出しました。その娘たちも今は社会人となり、社内での会話は英語のみ、会議はもちろん、お客様とも英語で話すことが中心と聞いて驚きました。海外出張も当たり前みたいに行っている状況…。娘たちが聖和に通っているときには、そんな今の状況を想像すらしていなかったと思いますが、あの弁論大会に出ることから始まっていたのだなぁとあらためて考えてしまいます。

 恥をかいたっていいんです。いっぱい練習して自分ができるベストをつくして、当日緊張のあまり頭が真っ白になって、悔しい思いをして、ボロボロに泣くことになってもいいんです。与えられた課題に挑むこと。努力すること、逃げないこと、その結果恥をかくことになったとしても、それら全てが学生時代に経験してほしいことなのです。
「神様は、その人が乗り越えられない試練は与えない。」といいます。貴女に乗り越えてほしい試練だからこそ、与えられたのです。精一杯全力で挑んでください。陰ながら応援しています。(^_^)/頑張れ~!!