聖和ニュース     2019.05.06

 

 

令和元年5月4日(土)から6日(月)まで本校中学・高校生の希望者40名が、波戸岬少年自然の家にて立命館アジア太平洋大学(APU)の国際学生と3日間を一緒に過ごしました。国際学生はウズベキスタンやインドネシア、アルゼンチン、ルワンダ、バングラデシュといった国の出身です。最初は緊張していましたが、学生の方々が優しく接してくれて次第にうち解けることができました。最後のプレゼンでは社会のために今自分たちができることについて英語で発表しました。3日間という短い期間でしたが、国際学生との出逢いを通して生徒達はいろいろなことを学ぶことができました。