9月24日(月)~27日(木)の4日間,11名の生徒たちと,パーク校長先生, テイラー先生の13名が24日夕刻佐世保駅に到着しました。  駅の改札を笑顔で出てくる生徒たちは,「こんにちは」や「はじめまして」と日本語で挨拶をしながらの到着でした。さっそく待ち受けたホストシスターに紹介されると,抱き合う場面も…。楽しい3日間の始まりです。  25日(火)は,学校で一日を過ごします。お世話していただくのは,高校ⅡEや華道部・茶道部の生徒たちです。着付け,生け花,書道,茶道を体験しました。7校時は,歓迎会を行い,各テーブルに分かれての交流です。さまざまな話題に花が咲き,楽しそうな笑い声が多目的室に響いていました。フルーツバスケットというゲームで,一気に距離が縮まりました。  26日(水)は,長崎観光です。平和公園,原爆落下公園,原爆資料館を訪れ,原爆がもたらした悲惨な歴史を学びました。昼食は中華料理に舌鼓を打ち,午後は国宝大浦天主堂を見学し,ショッピングを堪能しました。  27日(木)は,せっかく仲良くなったのにもうお別れです。JRの出発の時間まで,写真を撮ったり再会を誓ったり抱き合ったり,涙のお別れとなりました。友情が国境を越え,いくつもの交流の架け橋がかかった瞬間です。 パーク校長先生は,「皆さんのもてなしに心から感謝しています。オーストラリアに来る機会があったらぜひ私たちを訪ねてください。」とのことばを残して,次の目的地熊本へと旅立ちました。 今回お世話いただいたホストファミリーの皆さまには,大変お世話になりました。皆さまのおかげで,素晴らしい経験をすることが出来たようです。有難うございました。