聖和ニュース     2014.03.15
   本日(3/15)、カトリック俵町教会にてSrゼーヴィアの追悼ミサを終えることができました。 暖かい日差しに包まれた教会で、聖苑会の皆様をはじめ旧職員・職員・生徒・保護者の方々が心を一つにして、Srゼーヴィアのためにお祈りいたしました。  なお、シスターは晩年は病床にあっても聖和女子学院のために祈り続けられたと聞いております。 戦後間もない時期に本校を創立され、また異国の地でさぞかしご苦労されたことと思います。それでも 聖和のために尽くされたシスターの精神を忘れず、隣人愛を基礎とした教育を続けていくことを改めて深く胸に刻んだ時間でした。 ご参列いただいた皆様、本当に有り難うございました。 神に感謝