聖和中ニュース     2014.12.20

12月13日(土)、本校講堂で中学クリスマス会が行われました。大変寒い中、たくさんの方にお越しいただき、本当にありがとうございました。保護者の皆さまや中学一次入試に合格された小学生6年生のご家族の皆様と一緒に、少し早いクリスマスを味わうことができました。
キャンドルサービスは、美しい歌声が響くなか、中学生徒会の手を介して一人一人のろうそくへ移されていきます。一緒に聖歌を口ずさみながら、イエス様の降誕を喜び分かち合うことができました。とても感動的なひと時となりました。
また、学年の出し物も大変工夫を凝らしたものでした。中学1年生は、「『命』を学ぶ」をテーマに、植物、野菜、動物、人間の班に分かれて発表しました。クイズ形式で発表する班や、実際に実験してみたところ、劇で発表するところと様々です。植物、野菜、動物、人間には全てに「命」が宿っており、私達は、支えられて生きていることを再度実感することができました。
また、中学3年生は、今回が最後のクリスマス会となり、ミュージカル風に3年間をまとめ、見ている人をとても楽しませてくれました。行事や、総合学習での取り組み、日頃の授業風景などをコミカルに発表していき、最後には3年間の想いを込めたオブジェを披露してくれました。支えてくれた仲間や家族、先生方に「感謝」の気持ちが大変込められており、思わず涙をこぼしてしまった方も多数いらっしゃいました。
最後は、中学2年生の聖劇です。バレー部の新人戦と重なったため、少ない人数でしたが、同じ人が別の役をしっかりと演じ、見どころの一つとなっていました。熱のこもった演技には、目をみはったものです。「クリスマス」の本当の意味が分かり、講堂は明るい雰囲気に包まれました。心が温まる素晴らしい劇でした。

聖和の生徒の皆さんや保護者の皆様が素敵なクリスマスを迎えられますように、心からお祈りいたします。