平成27年1月8日(木)は、聖和女子学院中学校高等学校の第3学期始業式です。
表題は卜部校長からの訓話。
「昨年大晦日から元日にかけての風雪に、学校前の竹林は荒れ狂ったようにしていました。高校3年生がセンター試験や大学受験に向けての勉強会に頑張っているこの日、校長室から見えるその竹林を眺めながら、中が空洞で細くて長いあの竹たちがなぜ折れないでいられるのか。竹の持つ節々、また、目には見えない地下茎に張り巡らされた竹同士の助け合い。…」
生徒たちは校長先生のお話を真剣に聞き、学期はじめにあたっての自分の目標を再確認し、心を引き締める節目となったようです。

下は、校舎から見た朝日を待つ校舎から見た佐世保港です。