お知らせ

お知らせ

本日12月21日(火)の終業式を終えた後、普段通学路で通る学校や地域を想って、掃除やごみ拾いを行う「社会奉仕活動」をしました。

 

1年生は日頃の感謝を込めて、普段お世話になっているマリア庭園や学校の裏を掃除しました。泥だらけになりながら、溝のつまりをきれいにしたり、自分たちで汚れに気付き、自ら動くことができました。またクリスマスが近いこともあり、イルミネーションの設置も行い、学校を鮮やかに彩りました。

2年生は松山町周辺のごみ拾いを行いました。普段は目に入らない小さなごみも、逃すことなく拾い、最後はしっかりと分別までこなすことができました。

3年生は俵町協会に足を運び、教会の中や外の掃除を行いました。誰かのために行動することの大切さを改めて実感することができ、今日はそれを掃除という形で表すことができました。

 

どの生徒も笑顔で奉仕活動に臨んでおり、終わったころには疲れもあったでしょうが、それ以上の達成感を感じているようでした。

今後も誰かのために動くことができる、『隣人愛』の気持ちを持った聖和生として過ごしていってほしいです。

本日12月11日(土)に本校体育館にて、すこし早めのクリスマス会を行いました。
キャンドルサービスから始まり、各学年のステージ発表、そして聖劇を行いました。会場には生徒たちが制作したクリスマスカードや書写、家庭科での制作物も展示しました。

 

マリア様の一つの灯が生徒会役員から保護者のみなさま、そして全生徒へ渡される光景はとても美しく、人数制限のある中での開催でしたが、無事に開催できたことへの感謝を改めて感じることができました。

 

ステージ発表では、1年生は劇やダンス、歌、そして手品など、様々なエンターテイメントをミュージカルという形で披露しました!サンタとトナカイがケンカをしながらも、お互いの大切さに気付き、クリスマスを成功させる姿はとても可愛らしく、見た人に笑顔を作りました。

 

3年生は3年間培ってきた歌声を合唱で披露しました!2組は合唱コンクールでも歌った「果てない空」を歌い、感動を届けてくれました。1組は今までの思い出を写真で振り返りながら「ひまわりの約束」を歌いました。その中で、先生方や後輩への手紙のサプライズもあり、最高学年にふさわしい発表となりました。

 

最後を飾ったのは、2年生の聖劇でした。今年度はイエス様の誕生を『もし現代で起こったら』という設定で劇をしました。イエス様がなぜお生まれになったのかという内容を、ツイッターやLINEなどの現代である話に置き換え、中学生ならではの伝え方をしました。
どの役の生徒も堂々としており、見ごたえのある素晴らしい舞台となりました!

 

それでは、本日生徒の発表に時間を割いて来ていただいた保護者の皆様に感謝申し上げると同時に本記事を締めさせていただきます。
皆様、少し早いですが

 

May the miracle of Christmas touch your life (聖書より)
皆様にクリスマスの奇跡が訪れますように!

 

また来年のクリスマスにお会いしましょう!

中学生の「税についての作文」において

3年2組 江口穂乃美さん

「佐世保税務署管内納税貯蓄組合連合会会長賞」に入選しました!

 

11月24日(水)に納税貯蓄組合の方にご来校いただき、

校長室にて表彰式を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休み期間中に税について調べ、細かい言葉の意味まで学んだうえで

普段、学校で使っている教科書を題材に書いてくれました。

 

江口さんは作文での入選をとても喜んでいました。

おめでとうございます!

 

 

 

 

 

先日11月10日(水)に、中学生徒会の引継式がありました。先週の生徒会選挙で当選した6名の生徒が、新たな生徒会として任命されました。

旧生徒会長の廣さんをはじめ、今年度生徒会として引っ張ってきた6名の生徒たち。彼女たちの企画、運営のおかげでコロナ禍の状況でもすべての行事が大成功のうちに終了しました。全員の前に立ち、先導してくれた旧生徒会のみなさん、本当にお疲れさまでした!

そして、新生徒会長の萩原さんをはじめとする6名の新生徒会のみなさん。一人ひとりのこれからの活躍を楽しみにしています。素敵なリーダーとして、みんなを支え、導いてくれることを願っています!

本日11月5日(金)に、本校小体育館にて中学生徒会選挙が行われました。中学3年生の選挙管理委員会が中心となり、まるで本物の選挙さながらの段取りで進んでいきました。

会長候補、副会長候補、役員候補それぞれの演説は、どんな思いで立候補したのか、何を目指しているのかが、強く伝わってきました。それを聞く生徒たちも真っすぐな姿勢で、自らの次の世代の生徒会への真剣な思いが見て取れました。

投票の際は、実際に使われていた投票箱と記載台を使用しました。どことなく漂う緊張感に、生徒たちも真剣な表情で投票に向かっていました。

今回は投票用紙の書き方の練習もあり、社会に出た時の大切な練習にもなりました。

今回は14名の生徒が立候補者という場所に一歩踏み出し、今日までにポスターなど選挙活動を行ってきました。結果にかかわらず、この経験が今後いい方向に影響することを願っています。

 

今後も新たな聖和女子学院のスタートに向けて、全校生徒、全職員が一丸となって取り組んでいきます!

佐世保市姉妹都市であるコフスハーバーにあるジョンポールカレッジの生徒と本校中学3年生が

オンラインで交流しました!

この交流は佐世保・コフスハーバー青少年交流事業の一環で、事前研修から交流まで約2か月間

にわたって準備をしてきました。

交流対象校のジョンポールカレッジは本校の姉妹校でもあります。

 

事前研修として佐世保の観光スポットや施設を訪問させていただきました。

 

 

さらに佐世保市観光商工部 中山次長様に佐世保市や観光について貴重なご講話をいただきました。

 

 

グループに分かれて体験させていただいたことや自分たちが調べたことを英語を使ってプレゼンを作成しました。

 

 

第1回目の交流(10月19日)は聖和から佐世保や学校について英語で発表し、

さらにジョンポールカレッジの生徒さんも日本語でコフスハーバーや学校について発表しました。

 

お互いの言語で通じ合うととてもうれしく感じているようでした。

この交流を通してさらに次の交流に向けて準備です!いよいよグループ交流です↓

 

 

自分の趣味や推しについて教えあったり、日本の文化に興味のある生徒さんもいてとても興奮していました。

それぞれのグループ交流の中で意見交換もできていました!

お互いのことを想いながらそれぞれの言語を駆使しての交流はあっという間にすぎでしまいました。

交流のためにご準備いただいた佐世保市役所のみなさまに心より感謝しております。

 

今度はお互いの国で直接交流できることを願っています♪

 

 

 

 

秋の読書週間の初日、佐世保法人会の土岐様が来校され、たくさんの本の寄贈をいただきました。

佐世保法人会は今年創立50周年を迎えられ、社会貢献事業の一環として、佐世保市、東彼3町、小値賀町全ての中学校に図書寄贈をおこなわれているとのことです。

 

今回本校では、英語の本98冊をいただきました!

 

コンパスリーダース レベル1~7

英語版マジックツリーハウス 1~28巻

 

本校では2019年にも英語の本をいただいており、英語多読の授業に活用しています。

今回いただいた本もすべて英語で書かれており、どれも楽しく読み応えのあるものばかりです。

どんどん手に取って英語に親しんでほしいと思います。

 

佐世保法人会様、ありがとうございました!

 

 

この度第25回長崎新聞英語暗唱大会にて、本校から4名の中学生が参加しました。

今年度もコロナの影響で、CD審査となりましたが、総参加者数140名を超える大規模な大会となりました。

 

そして本校から見事 中学3年 齊藤亜沙美 さんが入賞いたしました!

短い練習期間にもかかわらず、4名全員とも素晴らしいスピーチを披露してくれました。今回の経験を通して、さらなる英語力の発展と、英語を話すことへの向上を願っています!


令和3年10月5日(火)、佐世保市総合グラウンドおよび周辺において標記大会が実施されました。

前田先生・守谷先生の指導のもと、聖和女子学院チームも出場し

団体では、

 18位/33チーム と健闘いたしました。
また、個人では、

 1区走者 八並聖夏さんが、13位/33人

 3区走者 濵本 楓さんが、 9位/33人と、大健闘いたしました。

 

選手ならびに補欠として会場に赴いた生徒のみなさんお疲れ様でした。
保護者の方をはじめ、応援いただいたみなさまに心からお礼申し上げます。
ありがとうございました。

佐世保市に出されておりました長崎県独自の緊急事態宣言が9月24日(金)に解除され、予定しておりましたとおり令和3年9月25日(土)に、聖和女子学院中学校のオープンスクールを開催いたしました。
 参加される方々をグループ分けして感染対策を徹底し、授業体験や校内見学など、小学生に聖和女子学院の雰囲気を体感していただけるように努めました。
 参加された小学生の児童さんからは、

 「授業がとても楽しかった」、「宗教の授業が楽しかった」、「英語の勉強に力を入れたいと思った」など、

また引率していただいた保護者の方々からも、

 「本日参加して、聖和中学校のことがよくわかりました」、「充実した学校生活なのだろうなと感じました

あるいは、

 「他宗教なので、(宗教の授業に)抵抗があったのですが、生徒の皆さんや先生方の授業を見て、学びの場には宗教など関係ないということに気づかされました。ありがとうございました」など、私たち教職員にとりましても、とても勇気づけられる感想をたくさんいただきました。
ご参加いただいた皆様に、心から感謝申し上げます。