Page 3 of 41234

10月17日(土)、高校1年生と2年生の希望者83名が、マリンメッセ福岡で行われた進路ガイダンスイベント、夢ナビライブ2015FUKUOKAに参加しました。

夢ナビライブでは、事前に登録した大学教授による講義ライブを受講したり、大学個別説明ブースで大学のことを知ったり、まなびステーションで様々な学問を知る事の出来る大きなイベントです。当日は九州各地区から大勢の高校生が集まり、熱気が溢れていました。

生徒達は、大学について詳しく聞いたり、いままで知らなかった学問を知り、これまで以上に進路に対する意識が高まったようです。

DSC01770 DSC01781 DSC01786

聖和ニュース     2015.10.17

先週木曜日、高校3年生は丸一日かけて『第2の卒業式』としての位置付けである錬成会に与りました。毎年神父様をお招きし、講話を聴いた生徒はその内容を深め分かち合うため、5~6名ずつでグループディスカッションを行い、模造紙とマジック、新聞紙を材料に、グループ毎に恒例のポスター作製に取り組みます。神父様のお話を滲ませながら、グループの想いを形にした発表会では個性豊かな作品が披露されます。完成したポスターは全て、本校にある宗教室の壁に一年間張り出され、在校生の情感をくすぐります。

昨年に続き、お招きしたのは神言会の浜口末明神父様です。

「自分の眼で直接自分を見ることはできない。毎日鏡を見てください。そして自分を好きになれる良い表情を磨いてください。そして、自分の生き方を映す鏡を持ってください」

「人に仕えなさい(人のために生きなさい)」

「徳を身に付けるためにはどうしても教育と努力が必要です」

「神さまは落ちこぼれの方に目を向けられている。自分の掌には一人ひとりの名が刻まれている。神様はみなさんのお父様です」

神父様のお言葉の端々から生徒たちが自己を見直し、学び取り、印象付けられる場面が多く見受けられました。会の締めくくりに御ミサに与った生徒たちの多くは今後の受験を控え、慌ただしい生活も待ち受けますが、残りの学校生活はそれでも冷静沈着な聖和生として、使命感と責任感、周囲への感謝を忘れず穏やかに過ごしてくれることと期待しています。

以下に生徒による感想(抜粋)を紹介します。

 

錬成会を終えて、神父様の講話はとてもすばらしい話ばかりでした。その中でも印象に残ったことばは、何かに真剣に取り組んだものが直接実を結ばなくても何らかの形で実を結ぶということばです。結果がだめだろうと、よかろうと何事にも積極的に頑張り、人がやりたがらない雑用など進んで出来るような心を持った大人になりたいです。

 

普段学校生活の中で、何でしなきゃいけないんだろう、やらなくてもいいじゃんと思うことが度々あります。けれど、その1つひとつのことには意味があって、未来につながるという人生にとっての試練なんだなと思いました。

 

最近私は物事がうまくいかず悩んでいた。自分がいけないんだ、と考えていたが、今日「落ちこぼれから、どうなるかが大事」と言われて、これからの自分を見ることができた。進路のことや友達のこと、勉強のことなど悩むことが多かったけど、今日のお話で心が軽くなった。「手を抜いた失敗より、努力して失敗する方が良い」この言葉は今の私にぴったりだと思った。本気になって取り組んだことが、失敗することが恥ずかしくて、本気になることを恐れていたけど、「努力して失敗するほうがいい!!」という言葉に共感した。グループワークでは普段の会話とは違う深い会話ができて、この子はこんなことを感じてるんだ…と3年目ながら知ることができた。今日の錬成会で改めて自分を見つめ直すことができた。卒業まで約4カ月。一日一日を大切にしていきたい。

 

神父様の体験に基づく様々な話を聞き、大変勉強になりました。最も印象に残ったのはトマトの話でした。しっかり実って食べられたトマトよりも、落ちてしまったトマトの方が輝いているということばが衝撃的で、初めはその理由が分かりませんでしたが、話を聞いてイエス様の寛大さに気付かされました。また、私は嫌なことは今まで率先してやりたいと思っていませんでしたが、誰かを喜ばせるという目的を持つことの大切さを知り、これから誰かのために嫌なこともやろうという気持ちになれました。

IMG_0751 CIMG4814 CIMG4819 CIMG4824 CIMG4833 CIMG4839 CIMG4848 CIMG4868 CIMG4873 CIMG4878

 

学校法人聖和女子学院の 白濵 信 理事長が、平戸市より名誉市民として表彰を受けられたことは、学校にとりましてもたいへん名誉なことであり、教職員ならびに関係者一同、大変喜ばしく思っております。
白濵理事長先生、誠におめでとうございます。心より、お祝い申し上げます。
下の写真は、長崎新聞(10/2付)に掲載されたものです。
理事長

聖和ニュース     2015.10.17

10月16日(金)、本校講堂において、「外務省高校講座」が行われました。
「外務省高校講座」は、外務省より講師を招き、未来を担う高校生に向けて講演をしていただくもので、長崎県では二校が選ばれました。
講師は、外務省南部アジア南東アジア第2課所属の松岡晶子さんでした。
松岡さんは、高校でのマレーシア留学をきっかけに外国語能力を活かせる仕事に憧れ、大学時代のオーストラリアでの通訳ボランティアを経て外務省に入省されました。
現在はインドネシア語の通訳や発展途上国の支援など、世界中で活躍されています。
講演の中で、外国語の能力を高めるだけではなく、世界を見ること、日本を知ること、そして生きる力を身につけることが大切だと語られました。
生徒たちは外務省やその仕事について知るとともに、家庭と仕事を両立させながら人生を輝かせる女性としても尊敬と憧れを感じていました。
質問の時間には、中学生からも活発に質問が出て、中高生にとってこれから必要なことなどを聞くことができました。
講演後は、数名の生徒たちとの座談会が行われ、講演では聞くことができなかった外交官の仕事の大変さややりがい、世界情勢やニュースについての素朴な疑問などをぶつけ、更に深く知ることができました。
講演をきいた生徒たちの感想の中には「高校生での留学はこれからのグローバルな世界へ目を向ける貴重な機会であることを強く感じた」「外国語をもっと勉強して、実際に外国に行き、現地で日本のことについて教えられるくらいの英語力を身に付けたい」「今日の講座で外務省の仕事を知ることができ、魅力を感じた」という意見もありました。
生徒たちにとって、とても貴重な経験になりました。

 

DSC01728DSC01666DSC01695DSC01677DSC01738DSC01742DSC01748DSC01766

去る10月10日(土)、長崎西高校にて、第24回長崎県高等学校英語スピーチコンテストが行われました。
本校からは、3年Eクラスの井添里奈さんと1年Eクラスの山野美礼さんが出場しました。
井添さんは、人生において大切なことを、自分の考えを堂々と発表し、山野さんは自分の夢について一生懸命語りました。緊張の中、二人とも素晴らしい弁論を行いました。

結果、山野さんが、第2位に輝きました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


Page 3 of 41234